明和町斎宮に自然素材をふんだんに使用した、木組みの家です。

構造材の主要な部分に三重県海山産桧丸太を使用し、プレカットでは不可能な、力強く美しい伝統的な手刻みで組み上げていきます。

     

植林から60年の材を7本納入しました                                                       7本とは別で根曲がり材ですが意匠にも構造にも有効に使用します